<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ライプツィヒ バッハ・フェスト

だいぶ古い話になってしまいましたが、5月8日ライプツィヒにてバッハ・フェストに出演。
音楽祭最終日の15:00からのコンサートでした。
たくさんのお客様がつめかけてきてくださいました。日本人の姿もたくさん見受けられました。
中には日本からツアーでいらしていた団体の方々もあったようです。
コンサートは休憩なしのわりには少し長めだったかもしれませんが、最後まで集中して聴いていただけたようです。コンサートのあとに読売新聞、ドイツの音楽雑誌「トッカータ」そして「音楽の友」の取材を受けました。音楽の友の取材をした加藤浩子さんとは以前バッハ・コレギウムのプログラム誌へのインタヴューでお目にかかっていたので、話が弾み雑談も含めて近くのカフェでかなり長話をしてしまいました。

前日からリハーサルを会場の旧市庁舎(今は博物館になっている)でやっていたのですが、リハーサル中にも博物館は開館しているため、人の出入りがありました。あるとき日本人の団体が入ってきて、何とはなしに見ていると、なんとなく見知った顔が・・
山口県宇部市の教会でコンサートを企画しており、僕のことも何回か招いて下さったことのある地質学者で音楽愛好家の島教授ではありませんか!彼はバッハゆかりの地を訪ねるツアーできており、僕のコンサートのことは知らず、リハーサルをしている僕を見てビックリ仰天。もちろん翌日のコンサートには来てくださり、その夜最終コンサートのロ短調ミサ(僕は行きませんでした)が終わってからホテルで落ち合い、ビールを飲んで偶然の再会を喜び合いました。

いつものごとく食べ物はといえば、ドイツではあまり期待できないと思いがちですが、素晴らしいアスパラガスを食べました。ちょうど季節でしたし、以前にもおいしいアスパラガスをライプツィヒで食べた思い出があるので、実は期待して行ったのです。今回はいい店をシャレフ君に教えてもらい、瑞々しくしゃっきりした極太のアスパラガスを食することができました。添えつけのオランデーズソースも重ったるくなく実に品のいいもので、ドイツも侮れないなあ、と思いました。

残念ながら写真をご紹介できません。というのは、今韓国にクイケン、アンサンブルと一緒に来ているのですが、ソウルで荷物を受け取ったときにスーツケースのロック錠が壊れているのを発見。中からものの見事にデジカメと日本の携帯が盗まれていました。その中にライプツィヒで撮った写真が入っていたのです! スーツケースに大事なものを入れてはいけないとわかってはいたのですが、油断した僕が馬鹿でした。

追記

バッハフェストから写真を送ってもらったので1枚だけ。
コンサート直後のインタヴュー中です。
c0059690_1171936.jpg

[PR]

by boreades | 2005-05-22 22:54 | リサイタル