<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

クロイツェルソナタ、リハーサル開始

皆様こんにちは。
寺神戸 亮です。

PCを手にしてからはや6年、自分のホームページを作ろうとつくろう思いつつ、今に至るまで実現せずに来てしまいましたが、ここに来てやっとホームページとまではいきませんが僕のマネージャー、アルケミスタ、武田さんの計らいでブログを作っていただきました。これがどういうものかまだわかってもいないのですが、少なくともこのように何かを書き込み、情報を公開できる場ということで、少しづつ挑戦していきたいと思います。よろしくお願いします。

さて、3月に予定されているベートーベン、ソナタ第9番「クロイツェル」&第10番のためのリハーサルを開始しました。c0059690_19183359.jpg
1回目は3日前、ピアニスト、ボヤン・ヴォデニチャロフ氏の自宅で行われました。彼の家に行ったのはしばらくぶりでしたが、レッスン室には前にもあったスタインウエイのセミ・コンサーート・グランドとクリス・マーネ作の5オクターヴ・シュタインモデル以外に今回使う6オクターヴ、ナネット・シュトライヒャーモデルのピアノに加え、オリジナルのブロードウッド1860年製までが所狭しと並べられていました。その上ガレージには1890年製のエラールまであるそうです!

僕が彼と共演を始めたころはまだ5オクターヴのピアノも持っていなくて、その歴史ピアノを弾きこなす能力とは裏腹にまだこの世界では門外漢、という感じだったのに、なんという変化でしょう。共演を始めた95年ごろからどんどんこの世界にのめりこみ、いまでは立派なコレクションです。彼は歴史的ピアノだけでなく、普通のモダンピアノでも現代曲やジャズ、即興演奏に精通し、まさにオールマイティ・プレイヤーです。

そんな彼との共演はいつも刺激に満ち、新しい世界へと目を開かせてくれます。
今でも忘れられないのは数年前のブラームス、ヴィオラ・ソナタのプログラムでした。シュトライヒャー1846年のオリジナルピアノ(山本コレクション)から、なんと色合い豊かな音色を聴かせてくれたことか。

さて今回のプログラム、ソナタ第9番「クロイツェル」と第10番、俗に「ローデ」といわれる2曲ですが、様式的には大きな開きがあります。作曲年代も離れています。

意外に思われるかもしれませんが第9番「クロイツェル・ソナタ」は小さな5オクターヴのピアノで弾かれるべきなのです。そして10番はもっと大きい6オクターヴが必要です。この2曲を同じピアノでやること自体無理があるのですが、「クロイツェル・ソナタ」の持つ力強さと雄大さを考えると、6オクターヴのピアノを使っても、その効果は半減しないどころか、むしろよりスケールの大きさが出せる可能性があります。

それに実際の録音に際して、運搬だとか調律その他の問題をかんがみて2台のピアノを使うことは難しいので、今回は6オクターヴのピアノ1台でやることになります。彼のナネット・シュトライヒャーのコピーを使うか、オランダのコレクター、エドヴィン・ブンク氏所蔵のイタリアンの6オクターヴのオリジナルを使うか、まだ未定です。

第1回目のリハーサルでは各楽章を1回づつ通し、意見を言い合い、問題点を拾いながら何箇所か弾きなおし、といった感じで、まずは全体のコンセプトの調整を図りました。

彼はなんと言ってもモダンのエキスパートですし、僕は古楽にどっぷり浸かり、17、18世紀のほうから音楽を見る人間、テンポ感や、曲の捉えかたに微妙な違いがあります。そのあたりを調整するのがまず第一の仕事です。現時点ではよりロマンティックな第10番の、特に第1楽章にお互いの感覚と視点にずれがあるようです。

ちなみに明日が第2回目のリハーサルですが、これからどのようにこの2曲と付き合っていけるか、とても楽しみです。 (寺神戸 亮)
[PR]

by boreades | 2005-02-18 07:20 | 雑記  

ライプツィヒ バッハ・フェスト

2005年5月8日
ライプツィヒのバッハ・フェストに出演します。
プログラムは先方の希望でビーバーとバッハを織り交ぜたもの。

Program

Violin: Ryo Terakado
Viola da Gamba: Kaori Uemura
Harpsichord: Shalev Ad-El

F. I. Biber : Sonata per violino solo (1681) no.5 e-minor 12’00”

J.S. Bach : Sonata for violin and harpsichord no.5 f-minor BWV1018 16’00”

-------Pause(?)----

F. I. Biber : Passacaglia g-minor (from mystery sonatas) 8’30”

J.S. Bach : Sonata for violin and harpsichord no.6 G-major BWV1019 16’00”

F. I. Biber : Sonata per violino solo (1681) no.6 c-minor 12’00”


前半はパセティック(悲愴的)な色合いが濃く、有名なパッサカリアをはさんで後半は喜びへと昇華していく構成です。

会場:旧市庁舎
開演:15:00
(寺神戸 亮)
[PR]

by boreades | 2005-02-18 06:23 | リサイタル  

ひとときの音楽~バロックの美しい歌【3月8日(火)11時半開演 浜離宮朝日ホール】

c0059690_142779.jpg【浜離宮朝日ホール・ランチタイムコンサート Vol.13】

波多野睦美が
寺神戸亮率いる豪華メンバーのアンサンブルと共に歌う贅沢な時間

●曲目●
バッハ:私をお憐れみ下さい ~「マタイ受難曲」から
ヘンデル:オンブラ・マイ・フ ~「セルセ」から
彼は羊達に~「メサイア」から
パーセル:美しい島 ~「アーサー王」から
ひとときの音楽 ~「オイディプス」から、他

●出演●
波多野睦美(メゾ・ソプラノ)
寺神戸 亮 & バロック・アンサンブル
第一ヴァイオリン: 寺神戸 亮、荒木 優子 第二ヴァイオリン:竹島 祐子
ヴィオラ: 秋葉 美佳 チェロ:ミシェル・ブーランジェ
ヴィオローネ:西澤 誠治 チェンバロ:芝崎 久美子 オルガン:今井 奈緒子

******

2005年3月8日(火)午前11時開場11時30分開演 会場 浜離宮朝日ホール
東京都中央区築地5-3-2 (都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅A2出口徒歩3分。朝日新聞社新館2階)

●入場料:全席指定2800円(全席指定・税込み)
●チケット取り扱い(アルケミスタでのお取り扱いはありません) 
朝日ホールチケットセンター(03-3267-9990)
チケットぴあ(0570-02-9990)
CNプレイガイド(03-5802-9990) 
●公演後にホール周辺の有名レストランでランチをお楽しみいただけるお食事つきセット券もあります。お食事つきセット券: 
◎サバティーニ・ディ・フィレンツェ(銀座) イタリア料理7,600円(限定20名様)
◎ロテスリー・レカン(銀座) フランス料理6,000円(限定20名様)
◎すし善(シオサイト・カレッタ汐留) すし6,300円(限定25名様)
すべてチケット代・サービス料・税込み(朝日ホール・チケットセンターで取り扱い)
[PR]

by boreades | 2005-02-17 01:08 | 指揮&ボレアード  

時を越えた英知と感動~シャコンヌへの道

c0059690_2024054.jpg「バロック・ヴァイオリンの世界も昨今は多士済々になってきたが、技量の高さ、音楽性の豊かさ、そしてアイデアの卓抜さ、更に言うなら独創性充分でも奇想に引き回されはしまわない堅実さ…。すべてを総合して、いまや一頭地を抜く存在と言えるのが、わが寺神戸亮である。来る6月のリサイタル「シャコンヌへの道」は昨年出た同名のCDに準じたプログラムによるもので、J.S.バッハの名曲に至るまでの独墺圏における無伴奏ヴァイオリン音楽の流れを展望したもの。アイデアもさることながら演奏ぶりが深い感銘を残すまでに冴え渡っているため、まさしく比類のない名企画となったあのCDを、今度は実演で吟味し直す機会が訪れたのである。Hakuju Hall という、この種のリサイタルに理想的な空間を、文字通り時を越えた英知と感動、意匠と陶酔の素晴らしさが満たす。「必聴」とはこうした機会のための言葉である。」(濱田滋郎)

シャコンヌへの道
寺神戸亮、無伴奏ヴァイオリン・リサイタル


テレマン:ファンタジー第1番、第7番
ビーバー:「パッサカリア」~《ロザリオのソナタ》より
ピゼンデル:ヴァイオリンのためのソナタ
J.S.バッハ:「シャコンヌ」~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より 他

寺神戸亮(ヴァイオリン)

2005年6月28日(火)19時開演 Hakuju Hall

【3月3日(木)一般前売開始】

全自由席 前売:4000円 ペア7000円 当日:4500円

チケットの申し込み:
アルケミスタ・チケット03-3901-1573【平日10-18時/土10-15時/日祝休】
電子チケットぴあ 0570-02-9990
インターネットからのお申し込み:アルケミスタのHP(http://www.alquimista-mr.com)からもお申し込みいただけます。
[PR]

by boreades | 2005-02-16 20:38 | リサイタル