カテゴリ:雑記( 5 )

 

ラ・プティット・バンド

4月20日、久しぶりにラ・プティットバンドに出演しました。

この日はルーヴァンの聖ピーター教会に設置される予定のオルガンのお披露目で、ルーヴァン市のオーケストラであるラ・プティット・バンドがちょっとしたコンサートを市から仰せつかった、という次第。

曲目はバッハのブランデンブルグ協奏曲第6番と第5番。

この日の眼目はなんと言ってもシギスヴァルト・クイケンがチェロ・パートをヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(violoncello da spalla)あるいはヴィオラ・ダ・ポンポーザ(viola da ponposa)ともいうべき楽器で演奏したこと。
c0059690_765265.jpg

バッハの記述に出てくる謎の楽器、ヴィオラ・ダ・ポンポーザは恐らくこのような楽器であったらしい。そしてこの楽器は今、17世紀から18世紀初頭にかけてのヴィオロンチェロという楽器の観念を揺るがせている。すなわち、その時代、バッソ(basso)あるいはヴィオローネ(violone)と書かれたパートは今私たちが知るバロック・チェロに近い楽器(もう少し大型の場合が多い)で弾かれていたが、「ヴィオロンチェロ」と書かれた場合、いわゆる足に挟むバロック・チェロではなく、ここに見る「スパッラ」型の楽器を指していたというのだ。ちなみに「スパッラ」とはイタリア語で「肩」の意。すなわち「肩(にかける)チェロ」。

バッハの曲に「ヴィオラ・ダ・ポンポーザ」を指定されたものはない。それゆえ、この楽器はいかなるときに使われたのか、謎は深まるばかりだった。しかし、カンタータの中で、「ヴィオロンチェロ・ピッコロ」すなわち「小さなチェロ」のオブリガート付きのアリアが何曲かある。これらの曲のチェロ・ピッコロのパートはパート譜では通奏低音ではなく、なんと第1ヴァイオリンのパートに書かれているのだ。となると、演奏テクニックはチェロよりははるかにヴァイオリンに近いこのヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器、これこそがバッハの言う「ヴィオラ・ダ・ポンポーザ」だったのではあるまいか?そして、チェリストではなく、ヴァイオリニストが演奏したのではないか。ちなみにバッハの楽器は5弦だったといわれるが、通常は4弦で、調弦、音域はまったくチェロと同じ。五弦の場合はそれに5度上のEの高音弦が足される。
シギスヴァルトのものはこの5弦タイプだ。
c0059690_782367.jpg

そしてこの楽器はバッハのヴィオラ・ダ・ポンポーザといわれるホッフマンの楽器をモデルにしており、通常のスパッラの中では小型のもののようだ。当時の銅版画などを見ると、もっと大きな楽器をこのように構えて演奏しているのがしばしば見られる。
c0059690_7351252.jpg

さて、演奏はというと、通常非常にアンサンブル、つまり「合わせること」の難しいブランデン協奏曲第6番、これはひとえに第3楽章のチェロパートの難しさによるものだが、 これが2つのヴィオラと、スパッラという3台のヴァイオリン型テクニックの楽器で演奏されたことにより、ボウイングのテクニックの類似性からか今までよりもはるかにアンサンブルがしやすかった。そしてスパッラの音の軽やかさにより、アンサンブル全体に透明感がでた。
そして、チェンバロをはさんで左側に2本のヴィオラ、とスパッラ、右側に2台のガンバとヴィオローネというように、ステージの右と左に、ヴァイオリン族、ガンバ族が分かれて並んだ配置も視覚的に効果的であったように思う。
c0059690_7102951.jpg

この楽器はブリュッセル在住ロシア人製作家でヴァイオリニスト、元ミト・デラルコの第2ヴァイオリン奏者、ディミトリー・バディアロフ氏が作ったもの。シギスヴァルトは1年ほど前に手に入れ、練習を積んできた。今回はその成果が着実に現れていたと思う。音量、音程、表現、全てにおいて説得力が増していた。

さて先ほどのヴィオロンチェロ=ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラの考え方を推し進めると、17世紀から18世紀初頭にかけてのすべての「ヴィオロンチェロ」のための音楽は、このスパッラで演奏できる、いやむしろたいていの場合、スパッラのほうがふさわしいともいえる。たとえばマッテゾンはスパッラを「通奏低音を弾くのに理想的な楽器」と定義している。
そしてチェロのための独奏曲、たとえばバッハの無伴奏チェロのための組曲。これらの曲はもしかすると「ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ」あるいは「ヴィオラ・ダ・ポンポーザ」を念頭に置いて書かれたものではないのか?
「スパッラ」や「ポンポーザ」のような特殊な名前を冠せず、単に「ヴィオロンチェロのための組曲」としているのは、「ヴィオロンチェロ」と言えばそういう楽器を指す、ということが当時の常識として当たり前であったからではないのか?

実際幾つかの部分で比べてみると、普通のチェロでは演奏が困難な部分、特に指使いの点で、をスパッラのヴァイオリン的な指使いに置き換えてみると、大部分が解決するらしい。
もちろん、スパッラにはまた別の演奏の困難さがあるのだが。
もちろん1番からは5番までは4弦しか必要ないので、恐らくは少し大型の、4弦のスパッラだったのかもしれない。6番は「5弦で」と明記してあるので小型の、まさにシギスヴァルトが使っているような楽器を想定していたのかもしれない。

実を言うと僕自身、この楽器に非常に興味を惹かれており、半年ほど前に注文をしました。
それが今や完成間近で来週にも出来上がろうという勢いです。
完成した際にはまた皆さんにご報告したいと思います。お楽しみに。
c0059690_711945.jpg

(スパッラのレッスン?? 僕が持つと「駅弁売り」に見えると言う意見あり)

さてこの日、僕が担当したのは第6番の第1ヴィオラと第5番のヴァイオリンソロ。
他に、秋葉美佳(第2ヴィオラ)、エヴァルト・デメイヤー(チェンバロ)、ヴィーラント・クイケン(ヴィオラ・ダ・ガンバ、バッス・ドゥ・ヴィオロン)などが出演しました。
[PR]

by boreades | 2005-04-29 07:20 | 雑記  

グラウン、コンチェルト集録音終了!

オーボエのマルセル・ポンセール、フルートのヤン・ドゥ・ヴィネが主宰するベルギーのグループ、イル・ガルデリーノ(Il Gardellino)によるカール・ハインリヒ・グラウン(Carl Heinrich Graun)1703-1759の協奏曲集の録音がオランダ、ハーレムのドープスヘズィンデ教会にて行われました。レーベルはアクサン。

曲目はオーボエ協奏曲ニ長調、フルート協奏曲ホ短調、ヴィオラ・ダ・ガンバ協奏曲イ長調、コンチェルト・グロッソ ト長調の4曲です。

オーボエとフルートは主催者のマルセルポンセールとヤン・ドゥ・ヴィネ、ガンバはイタリアからヴィットリオ・ギエルミ氏が招かれました。
c0059690_4375932.jpg

このヴィットリオ氏、うわさには聞いていましたが大変なヴィルトゥオーゾです。僕の周りには優秀なガンバ奏者が何人もいますが、これほどのテクニシャンは初めてです。彼はなんと弓を飛ばす(跳ねさせる)テクニック、スピッカートをやってしまうのです!ガンバはチェロやヴァイオリンと違い弓を逆手で持ちますので普通はスピッカートはできないことになっています。
彼は12歳までヴァイオリンを習っていたそうで、そのヴァイオリンのテクニックから難なくヴィオラ・ダ・ガンバでもスピッカートをマスターしてしまったそうです。もっとも、スピッカートがガンバのテクニックに必要かどうかはまた別問題ですが、今回のグラウンのような後期バロック、ギャラント様式には非常に効果的でした。
左手のテクニックも抜群でフレットがなくなるハイポジションでもオクターヴ以上上まで難なく音程が決まります。
その上、ものすごく大きな音!チェロをも圧倒するほどの音量です。彼の楽器はなんと、かのサント・コロンブも使っていたというコリションという製作家の作ったオリジナルだそうです。

録音では、特にフルート、ヴァイオリンとガンバ、チェロの二組にコンチェルティーノ(小さなグループ)が分かれるコンチェルトグロッソで彼の大きな音と他の楽器とのバランスをとるのに苦労してしまいましたが。
そしてそのコンチェルト・グロッソにはもう一人、リピエーノのヴァイオリンとしてスティーヴン・フリーマン氏が参加してくれましたが彼はオーストラリア出身で僕の最初期の生徒でした。現在アムステルダム在住。図らずも現在と過去二人の弟子との共演となり幸せな時間でした。
c0059690_4435981.jpg


コンティヌオにはいつものシャレフ・アド・エル氏のチェンバロのほかにヴィットリオのお兄さん、ロレンツォ・ギエルミ氏がジルバーマンのフォルテピアノで参加してくれました。
彼はオルガニストとして有名で、日本にも何回も講習会や、東京カテドラルのオルガン組み立ての立会い指導などで来日しているそうです。
c0059690_4484968.jpg


チェンバロと、フォルテピアノ、二つのコンティヌオによって面白いサウンドが実現しました。
c0059690_4495825.jpg


録音はアンドレアス・グラット氏と婦人のアデルハイト・グラットさん。写真はマイク・バランスをとるアンドレアス氏。
c0059690_4545084.jpg


「みんなー、がんばってやろうよー」 とは言ってません
c0059690_4591165.jpg


プレイバックを聴きながら疲れきった表情。どうして!?
c0059690_50370.jpg


そしてお決まりの食べ物ですが、ハーレムではイタリアン、タイ料理などを食べましたが、面白かったのはイタリア人のお二人はイタリアン・レストランでパスタやピッツァなどイタリアらしい料理を頼まなかったこと。ステーキや、エビのグリルをサラダとポテトフライト一緒にほおばっていました。あとから聞くとやはり、メニューのイタリア語の間違いなどを見て、パスタは危ない(茹ですぎなど)と思ったそうです。さすが!
そして行きと帰りの道すがら、シャレフ、秋葉、僕の3人はデン・ハーグの僕の行きつけの中華で舌鼓。
空芯菜の炒め物、カモのロースト、牛の大腸のパリパリ揚げ
c0059690_545965.jpg

エビと豚のすり身の湯葉巻き
c0059690_5112557.jpg

鴨の足(!)とエビ、豚のすり身、チャーシューの湯葉巻き
c0059690_5115938.jpg

どれも絶品です。ハーグの中華はレベルが高いです。
[PR]

by boreades | 2005-04-12 05:10 | 雑記  

ベートーヴェン 録音終了 

 フォルテピアノのボヤン・ヴォデニチャロフ氏(Boyan Vodenitcharov)とのベートーヴェン、ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」&第10番の録音が無事終了しました。
 
 ドイツのフィールセン(Viersen)のフェスト・ハレ(Fest Halle)にて3月22日ー25日の4日間収録が行われました。フィールセンはオランダ国境フェンロー(Venlo)近くの小さな町。
フェスト・ハレはその名のとおり祝典や町の催し物に使われるホールで、ダンスホール、コンサートホール、劇場と何でもこなす多目的ホールです。しかしながら、床は板張りで据付ではない椅子を取り払ってしまうとだだっ広い体育館のような空間に。ふんだんに使われた木材のせいか、やわらかく豊かなとてもよい響きです。前作のソロCD「シャコンヌへの道」を録音したのもここです。

 ピアノはオランダの歴史ピアノ収集家兼修復家、エドヴィン・ブーンク氏所蔵の6オクターヴ・ピアノ、ラグラッサ(Lagrassa)1806年ウィーン製です。ラグラッサというメーカーはあまり知られていませんが、イタリア人でウィーンに工房を持っていた人のようです。
音色の豊かな素晴らしい楽器でした。
c0059690_622926.jpg


 しかしながら、古いオリジナル楽器ですから修復してあってもメカニックに多少の不ぞろいがあるのはいたし方のないところ。ピアニッシモのパッセージで音が揃わないと苦労していたボヤンでした。
c0059690_671845.jpg


 録音はゲアハルト・ベッツ氏。(Gerhard Betz)日本コロムビア・デュッセルドルフ支部の前専属録音技師&プロデューサーだった人で今はフリーのプロデューサー。、彼とは今まで何枚ものCDを一緒に製作し、気心の知れた仲です。
c0059690_6113525.jpg


 録音は何回もプレイバックを聴きながら、慎重に進められました。
僕の楽器は1772年ミラノ製 カルロ・フェルディナンド・ランドルフィ (Carlo Ferdinando Landolfi)
ミラノの名工テストーレの一番弟子として有名なメーカーです。
リハーサル期間中、ビリビリとノイズが出たりして、楽器の状態に不安がありましたが、直前に発見した小さな剥がれを直したのが功を奏したのか、まったくノイズも出ず、今までにないぐらい好調でした。弓はベルギーのピエール・パティニィ氏製作の物。
c0059690_6164011.jpg


 これでやっとベートーヴェン、ヴァイオリンとピアノのための作品全集が完結しました。 
思えば第5番「春」、第1番、第3番でヴァイオリン・ソナタ集の録音を開始したのが1997年でしたから、なんと8年もの道のりだったわけです。もっとも第3集までは毎年のように録音、リリースし、その後長いブランクができてしまったわけですが。
何はともあれ、終わってほっとした、というのが正直なところです。
そこで、記念の一枚。
c0059690_622055.jpg

[PR]

by boreades | 2005-03-29 06:32 | 雑記  

波多野さんとの録音無事終了!

 エイベックスレーベルへの波多野睦美さんとの録音が無事終了しました。
3月4日のリハーサル開始から10日まで8日のランチタイムコンサートをはさみ、1週間の長丁場でした。
 
 録音自体は7日に始まりましたが、次の日午前中からコンサートだったため実際に7日に録音できたのは器楽曲1曲のみ。8日は6時にホールをでなければならないという制約があったため、9日と10日に集中して録音する、というスケジュールでした。曲目は8日のランチタイム・コンサートとまったく同じです。(そちらをご参照ください)
 
 浜離宮朝日ホールはとても響きのよいホールでしたが、極度の乾燥(30%以下)のため舞台上に濡れタオルをそこかしこに置き、また譜面台にも濡れタオルをかけ、また加湿器を2台急遽購入するなど乾燥との戦いでした。30分も続けて弾いていると音が変わってきてしまうので、プレイバックを聴きに裏に行くときなどは必ず霧吹きでケース内を湿らせ、楽器をケースに入れてしばらく湿気を含ませるという処置をしなければならないほどでした。
ともあれこのホールを知り尽くしている桜井さん(サウンド・エンジニア)のおかげでとてもよい音に取れたと思います。
c0059690_8101195.jpg
      (赤いシャツが桜井さん)

 波多野さんの歌唱は本当に素晴らしく、僕はコンサートでは不覚にも舞台上で涙を流してしまいました。前半はパーセルだったのですが、いまの日本でイギリス物をこれほどに歌える人は彼女をおいて他にいないと思います。英語の発音、表現、どれをとっても本場の歌手にひけを取りません。パーセルは僕の大好きな作曲家なので、本当に幸せでした。
c0059690_8103968.jpg
       (パーセル 嘆きの歌を収録中)

 録音期間中は時間に追われたため休憩時間も館外に出ることもままならずせっかく築地市場のそばにいるのに市場を見に行くことも出来ず多少歯がゆい思いもしましたが、美味しいお弁当を支給していただき(うなぎのせいろ蒸しとか、なだ万の高級弁当)元気が出ました。このプロジェクトのためにベルギーから来日したチェリスト、ミシェル・ブーランジェ君も短い日本滞在を楽しんだようです。それでも一回はミシェル君を連れておすし屋さんに行きました。築地すし清本店。
陶芸家の中里隆さんに教えてもらったのですが、チェーン展開(ニューヨークにも支店があります)をするすし清ですが、築地の本店はお値段もそこそこのわりには、他の店舗よりよいようでマグロ好きのミシェル君もホタテやホッキ貝に感動するなど存分に新鮮なネタを楽しみました!
あれ、音楽の話のつもりだったのに、いつの間にか食べ物の話になってしまいました・・・
寺神戸 亮
c0059690_8112392.jpg
      (濡れタオル・・・)
[PR]

by boreades | 2005-03-17 19:03 | 雑記  

クロイツェルソナタ、リハーサル開始

皆様こんにちは。
寺神戸 亮です。

PCを手にしてからはや6年、自分のホームページを作ろうとつくろう思いつつ、今に至るまで実現せずに来てしまいましたが、ここに来てやっとホームページとまではいきませんが僕のマネージャー、アルケミスタ、武田さんの計らいでブログを作っていただきました。これがどういうものかまだわかってもいないのですが、少なくともこのように何かを書き込み、情報を公開できる場ということで、少しづつ挑戦していきたいと思います。よろしくお願いします。

さて、3月に予定されているベートーベン、ソナタ第9番「クロイツェル」&第10番のためのリハーサルを開始しました。c0059690_19183359.jpg
1回目は3日前、ピアニスト、ボヤン・ヴォデニチャロフ氏の自宅で行われました。彼の家に行ったのはしばらくぶりでしたが、レッスン室には前にもあったスタインウエイのセミ・コンサーート・グランドとクリス・マーネ作の5オクターヴ・シュタインモデル以外に今回使う6オクターヴ、ナネット・シュトライヒャーモデルのピアノに加え、オリジナルのブロードウッド1860年製までが所狭しと並べられていました。その上ガレージには1890年製のエラールまであるそうです!

僕が彼と共演を始めたころはまだ5オクターヴのピアノも持っていなくて、その歴史ピアノを弾きこなす能力とは裏腹にまだこの世界では門外漢、という感じだったのに、なんという変化でしょう。共演を始めた95年ごろからどんどんこの世界にのめりこみ、いまでは立派なコレクションです。彼は歴史的ピアノだけでなく、普通のモダンピアノでも現代曲やジャズ、即興演奏に精通し、まさにオールマイティ・プレイヤーです。

そんな彼との共演はいつも刺激に満ち、新しい世界へと目を開かせてくれます。
今でも忘れられないのは数年前のブラームス、ヴィオラ・ソナタのプログラムでした。シュトライヒャー1846年のオリジナルピアノ(山本コレクション)から、なんと色合い豊かな音色を聴かせてくれたことか。

さて今回のプログラム、ソナタ第9番「クロイツェル」と第10番、俗に「ローデ」といわれる2曲ですが、様式的には大きな開きがあります。作曲年代も離れています。

意外に思われるかもしれませんが第9番「クロイツェル・ソナタ」は小さな5オクターヴのピアノで弾かれるべきなのです。そして10番はもっと大きい6オクターヴが必要です。この2曲を同じピアノでやること自体無理があるのですが、「クロイツェル・ソナタ」の持つ力強さと雄大さを考えると、6オクターヴのピアノを使っても、その効果は半減しないどころか、むしろよりスケールの大きさが出せる可能性があります。

それに実際の録音に際して、運搬だとか調律その他の問題をかんがみて2台のピアノを使うことは難しいので、今回は6オクターヴのピアノ1台でやることになります。彼のナネット・シュトライヒャーのコピーを使うか、オランダのコレクター、エドヴィン・ブンク氏所蔵のイタリアンの6オクターヴのオリジナルを使うか、まだ未定です。

第1回目のリハーサルでは各楽章を1回づつ通し、意見を言い合い、問題点を拾いながら何箇所か弾きなおし、といった感じで、まずは全体のコンセプトの調整を図りました。

彼はなんと言ってもモダンのエキスパートですし、僕は古楽にどっぷり浸かり、17、18世紀のほうから音楽を見る人間、テンポ感や、曲の捉えかたに微妙な違いがあります。そのあたりを調整するのがまず第一の仕事です。現時点ではよりロマンティックな第10番の、特に第1楽章にお互いの感覚と視点にずれがあるようです。

ちなみに明日が第2回目のリハーサルですが、これからどのようにこの2曲と付き合っていけるか、とても楽しみです。 (寺神戸 亮)
[PR]

by boreades | 2005-02-18 07:20 | 雑記